【制作記】100均DIY WOOD BOX ,Part 1-『スタンダードBOX』の作り方


ご無沙汰しております、壽です☻

前回の記事の通り、DIY BOXのMakingシリーズ始めたいと思います!

今までに幾つか作ってきたのですが、まずは必要最低限の道具と材料且つ簡単で始めやすいシンプルな基本の作り方『スタンダードBOX』をご紹介したいと思います。

ちなみに画像のものは全て『スタンダードBOX』の作り方のみで制作しております。

この作り方をベースにすると、沢山応用できるので是非覚えていっていただければ幸いです☺

◆スタンダードBOXの作り方◆

【必要な道具】

※道具は全ての制作に絶対と言って良いほど必要になってくるので、事前に用意しておくと作業がスムーズに行えます。(道具も全て100均で買い揃えられるものを使用しております。)

上から順に

‣ドライバー/+

‣鉛筆

‣刷毛

‣錐(キリ)

‣定規

を使用していきます。

【材料/スタンダードBOX】

※今回は一店舗だけで全て揃えられる事が出来るという点でSeriaの商品のみを使用しております。

左上から順に

‣木製トレイ × 2

 (使用したのは S)

‣Water Paint 水性塗料

 (使用した色はSmoky Blue)

‣アーチ型 留め金

‣蝶番 22㎜ 6P

 (6Pの内使用するのは 2P分)

‣コーナー金具 4P

‣アーチ型 ハンドル

を使用します。

【手順】

①‐「木製トレイ」(蓋にする方)に予め「アーチ型 ハンドル」を取り付ける為の穴を錐で空けておきます。

②‐「木製トレイ」に刷毛で「Water Paint 水性塗料」を塗装し、乾燥させます。

③‐①の「木製トレイ」に「アーチ型 ハンドル」を取り付けます。

④‐「木製トレイ」× 2 に「蝶番 22㎜」2つを取り付けて木製トレイ同士を繋げます。

⑤‐最後に「アーチ型 留め金」と「コーナー 金具」を取り付けて完成です。

このスタンダードBOXにちょい足ししてる応用編は

コチラ☞ ■【Seria】WOOD BOX 救急箱【DIY】■

◆コツ&アドバイス◆

※【手順】、リンク先応用編「【Seria】WOOD BOX 救急箱【DIY】」共通※

使用した「木製トレイ」について…

「木製トレイ」は同じ規格でも必ず若干の差があるので、ご購入される際は実際に重ね合わせてみながらなるべく差の小さい物を選にでいただくと綺麗な仕上がりになります。

(上記の勧めの様に選ぶ際、長居すると他のお客様の迷惑になる可能性があるので、なるべくサッと見定めて長居しないようにしましょう☺♪どうしても差が気になる方はヤスリなどで削ると良いです。)

①‐穴を空ける際、上図の様に定規と鉛筆で薄く線を引いて中心を求めておくとバランス良く取っ手の場所を決められる事が出来ます。

※金具の穴の位置をよく確認し、照らし合わせながら穴を空けないと後半空け直しをしなくてはいけない上に見栄えも悪くなるのでこの作業は丁寧に行ってください。

②‐使用した「Water Paint 水性塗料/Smoky Blue」は粘度が高めだったので水を用意しておいて刷毛に水を含ませながら塗装すると塗りやすくなります。

③‐錐で穴を空けているとは言え、ネジより若干穴の方が小さいので取り付ける際は、少々強引にねじ込んでいただけると意外と上手く入ってくれます。(ネジは4本付属していますが、取り付ける板は薄めなので短いネジを使用してください)

④‐「木製トレイ S 」は外から3㎝程の位置に蝶番をつけると可愛らしい見栄えになります。

又、上右図のように折り曲げると左右同じ位置で蝶番を取り付けられることが出来ます。

⑤‐「アーチ型 留め金」を付ける際、取り付け箇所の中心を取り、定規で直角を取りながら位置を決めると、取り付けた時バランス良く見えます。又、かぎ側を取り付けてから受け側を取り付けると噛み合わせ良く取り付けられます。

…という感じで、塗装はしなくても十分に良い感じの箱になってくれるので材料費だけでも最低¥648から作ることが出来ます。又、ハンドル金具などは沢山種類もあるので是非お好きなマイBOXを作っていただけたらと思います●

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by L i l o u   P a p e r i e. Proudly created with Wix.com